Skip to content

結婚式の席次表を作るには

結婚式というものは、ただ開催すると決めれば、それですぐ開けるものではありません。

実際に開催するためには、式場やウェディングドレスを確保するのはもちろんとして、参加者を集めるための招待状の作成に送付など、やるべきことは色々あるのです。

そしてまた、そんな様々な結婚式の準備の中で、かなり手間がかかり面倒なことで問題になりやすいのが席次表の存在です。

席次表とは招待者たちの立場や関係性に応じて予めふるい分けた席順を表すものであり、この表がなければ結婚式の当日に席順や関係性などのトラブルが発生する可能性は高いので、しっかり作っておく必要があると言えます。

果たして、そんな席次表を作るための方法としては、手作りするか、あるいは専門サービスにオーダーするかの二択があげられます。

どちらの方法であれ、それぞれメリットとデメリットがあるため、もしも席次表を作るつもりであるなら、まずはどちらの方法で作成するかしっかり決めることが大切です。

結婚式の席次表を作るには、手作りするか、専門サービスにオーダーするかのどちらかの方法で作成することになります。

今回はそんな2つの方法におけるメリットとデメリットを説明します。

まずは手作りで席次表を作る場合のメリットです。

この場合のメリットは、予算を抑えることができるという点です。

実際問題、席次表というものは作るためにかなりの手間隙がかかるものであるため、オーダーで頼むとなると、それなりのコストを必要とします。

しかしながら、実際問題、結婚式は何かとお金がかかるものであるため、オーダーすることで発生するコストは決して馬鹿にできません。

手作りならそのコストを抑えることができるというメリットがあるのです。

ただし、デメリットとして、その分の手間暇を自分たちで補うことになるため注意しなければなりません。

そしてまた、オーダーで作成する場合のメリットは、そんな手間隙を省くことができるという点です。

ただしデメリットとして、その分だけコストがかかってしまうため、結婚式の必要費用がさらに高くなることがあげられます。